お金を上手に使う

ふるさと納税を上手に活用すればお金を賢く運用できます。寄付を行なった地域から名産品をもらうことが出来るだけでなく、税金の控除などもあります。確定申告を行なう必要などがあるので証明書は保管しておきましょう。

詳細を読む

名産品をゲット

ふるさと納税を収めることによって、各地方の名産品を手に入れることができます。人気の高い名産品が、お肉です。その土地で育てられた牛や豚や鶏を手に入れることができます。5000円以上寄付することで貰えます。

詳細を読む

画期的な制度

ふるさと納税という言葉を一度は聞いたことがるかと思います。しかし、実際どのような制度なのかわからないという方もいるので、把握しておきましょう。銘仙品が貰えて住民税が控除される画期的な精度です。

詳細を読む

住民税が控除

ふるさと納税の返礼品を探すならこちらのサイトをご覧ください。様々な自冶体の返礼品が掲載されていますよ。

ふるさと納税の現在の取り組み

ふるさと納税を増やす為に、現在は負担額を2000円から1000円に引き下げる事になっています。金額の上限についても、住民税のおよそ1割となっていましたが、これをおよそ2割に引き上げられています。また煩雑な確定申告をしなくてもふるさと納税が出来るようになっています。ふるさと納税は、納税者が自分の好きな自治体に寄付金を納めた場合に、今自分が住んでいる自治体に納める住民税などから、減額してくれる仕組みになります。例えば住民税などの税金を年間およそ30万円納めていた場合、ふるさと納税として3万円納めたとすると、自治体に納める税金は27万円に減額されます。ただし手数料が2000円かかっていた時は、総額が30万2000円になり、2000円が増える事になります。この増えた分の負担を少しでも減らそうと手数料を半分の1000円にする事で、30万1000円、それからふるさと納税を適用してもらうには、今まで確定申告が必要でした、これも不用にしたのが現在の取り組みで行われています。

ふるさとの特産品の購入方法

ふるさと納税をするには、各自治体のホームページを検索すると、ふるさと納税のページが出てきます。そのページで寄付申込書というものがダウンロード出来ます。この寄付申込書をダウンロードして、記入する所に記入して、ファックスをすると、後日郵送等で寄付の振込み金額の記載された振り替えの用紙が送られてきます。また選ぶ事でクレジットでの決済も出来ます。そして納付をすると、先方から記念品と、納付した金額に対しての証明書を発行してくれます。後は、商品が届き、減税が出来る仕組みになっています。商品を選ぶには、ホームページなどで、確認が出来ますので、安心して選ぶことが出来ます。またカタログも自治体に頼む事で、郵送してくれますので、その方法もあります。

賢いチェック

地方自治体が消費活動を活性化させるために行なう割引制度にふるさと割があります。ふるさと割は様々な地方自治体が行っていますが、主に過疎地などあまり消費活動が行われないような場所で魅力的な制度として注目されています。ふるさと割では例えば観光地の利用料金などを割引したり、また施設の使用料を安くしたりといった観光目的の割引と、名産品などを販売するための目的などがあります。ふるさと割を行なう地方自治体は意外と多いですが、まだ認知されていないというのが現状です。また認知されていないと割引ができなかったりすることもあるため、意外と勿体無い状況でもあります。賢い方などは旅行先のふるさと割をチェックしたりして、お得に観光したりしています。